愛知県名古屋市中区で浮気調査専門の探偵サイト 

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1丁目7−6 丸の内TERRACE 805
株式会社I・WIN(名古屋探偵事務所)  愛知県公安委員会届出(第)54110042号
弁護士提携39名・探偵業界25年6万件・安い費用で精度の高い技術とサポート力が特徴

【お問い合わせ・ご相談・お見積り無料】
24時間年中無休

0120-874-024

親権を決める時は、子どもの意思が尊重される

親権問題夫婦で考える

親権問題

子どものいる夫婦が離婚する場合、子どもの親権問題が付きまとってきます。

乳幼児であった場合、ほぼ確実に近い形で母親が親権を取ることになり、父親が親権を取るのはかなり難しい状況にあります。

しかし、少し成長した子供であれば話は変わってきます。
小学校の高学年くらいからちらほらと父親が親権を取りやすくなっていくのです。

と言うのも、子どもの意思が尊重され始めるからです。

子どもにもよりますが、小学校高学年あたりになるとしっかりした子はきちんと自分の意思を持っていますので裁判になった時も裁判官が子どもの意思を尊重することもあるのです。

中学にもなればその可能性はもっとあがり、父親が親権を取るのは易しくなってくるでしょう。

そのため証拠を集めながら子供の成長を待つことも作戦の一つとする人もいるようです。

しかしながらただ単に子供の成長を待つだけでなく、養育実績を作るというのも重要であり、子どもの学校行事やPTA活動に参加したり、食事の用意なども積極的に行うことでより親権を得やすくなることでしょう。

さらに、そういったことを積極していくうちに母親が子供の面倒をあまり見なくなることもあり、そうなった場合は母親には養育実績がないとみなされ、父親が親権取得する場合もあります。

親権取得について
お問合せ・ご相談はこちら

㈱I・WIN名古屋浮気調査相談室
一人で悩まないで!
加藤なぎさがあなたの親権の悩みお聞きします
まずは私に話してください

0120-874-024

【24時間年中無休】相談無料・見積もり無料