98%のお客様が問題解決「顧客満足度ナンバー1」の名古屋市の探偵

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-7-6 丸の内テラス805
株式会社I・WIN(名古屋探偵事務所)  愛知県公安委員会届出(第)54110042号
弁護士提携39名・探偵業界25年6万件・安い料金で精度の高い技術とサポート力が特徴

【お問い合わせ・ご相談・お見積り無料】
24時間年中無休

0120-874-024

浮気相手が既婚者かどうか知っていたのかは重要ポイント

浮気相手に慰謝料請求する時、既婚者かどうか知っていたかが重要

浮気相手から慰謝料が取れるのは当たり前!そう思うのは間違いです。

よくあるケースで、「慰謝料請求した浮気相手が既婚者とは知らなかった」と言ってくることがあります。

慰謝料が取れるかどうかのポイントの中に【浮気相手があなたの配偶者が既婚かどうかを知りながらお付き合いをしていたのかどうか】と言うものがあります。

このページでは、浮気相手に慰謝料請求した時、浮気相手の言い訳とその対処法を説明します。

浮気相手が同じ勤務先の場合

配偶者の浮気相手が同じ勤務先という事はよくあります。

同じ勤務先ならあなた配偶者が「既婚者」という事は知っているはずです。

なので既婚者と知らなかったは通用しないことが多いようです。

また既婚者と知らなかったとしても「知りえることもできたはず」と主張することにより、知らなかったは通用しないことがあります。

浮気相手が出会い系などで知り合っている場合

配偶者の浮気相手が、「出会い系で知り合っている」、「マッチングアプリで出会っている」、「ナンパで出会っている」場合は、あなたの配偶者が既婚者という事を言わずにお付き合いしていることもあります。

しかし付き合っている期間や会う頻度、会う時間帯などにより「既婚者かも」と疑う事もできるはずです。

それでも既婚者と知らなかったと言ってくるときは、配偶者が浮気相手を騙したことになりますので、配偶者を攻めるといいでしょう。

浮気相手が既婚者かどうか知っていたかどうか確認する方法

  1. 配偶者のメールやLINE・SNSなどでの文章で【今日、夫は出張なの】【嫁が里帰り中だから遊びに行こう】などの文章を見つける。
  2. 二人の会話をボイスレコーダーなどで録音して【今日、夫は出張なの】【嫁が里帰り中だから遊びに行こう】などの会話を確認する。

まとめ

配偶者の浮気相手が同じ勤務先なら慰謝料請求はスムーズにいく場合がほとんど。

しかしマッチングアプリなどで知り合っている場合は、お互い「独身」と言って嘘を付いているケースもあります。

そんな時は、一度浮気相手に注意をすることで既婚者であることを伝え、それ以降に浮気していることを証明することにより慰謝料請求しやすくなります。

浮気関係で合わせて読まれている記事

浮気相談はこちら

名古屋浮気調査相談室
加藤なぎさ代表

加藤なぎさ
0120-874-024
052-265-8758

加藤なぎさと申します。
私が、あなたの浮気の悩みをお聞きして解決させます。

お急ぎのあなたへ

緊急直通ダイヤル

090-7313-4341

会社概要

名古屋浮気調査相談室マーク

名古屋浮気調査相談室
(運営元:株式会社 I・WIN)

【無料】24時間年中無休
0120-874-024

代表取締役:加藤なぎさ

愛知県公安委員会探偵業届出
(第) 54110042号

住所

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-7-6 丸の内テラス805

クレジットカード取扱い
VISA
master
paypay

分割払いも可能

地域別サイト紹介

女性探偵ブログ