名古屋市の探偵 98%のお客様が問題解決「顧客満足度ナンバー1」

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1丁目7−6 丸の内TERRACE 805
株式会社I・WIN(名古屋探偵事務所)  愛知県公安委員会届出(第)54110042号
弁護士提携39名・探偵業界25年6万件・安い料金で精度の高い技術とサポート力が特徴

【お問い合わせ・ご相談・お見積り無料】
24時間年中無休

0120-874-024

証拠を押さえた不倫調査の時、ご依頼主様が暴走なさったことがあります。(事例)

その時点ではまだ、証拠の数が足りず、まだもうちょっと集めたいなと言う時だったので、ご依頼主様にももう少し我慢なさってくださいとお伝えしておりました。

しかし、ご依頼主様の怒りは収まらなかったようで、パートナーの不倫相手の元に出向き、「証拠があるんだ!裁判するぞ!」と言ってしまったそうです。

相手の方の返答は、「既婚者とは知らなかった。」「すぐに別れるので、後は夫婦で話し合え。」と言うもの。

こうなってしまってはどうしようもありません。

相手が「既婚者とは知らなかった」と言った場合、既婚者と知っていたと言う証拠がなければ、慰謝料請求や社会的な罰則などは到底望めないのです。

しかも、集めていた証拠がまだ少なく、パートナーへの罰則も大きくは出来ないと言うことも併せてご依頼主様にお伝えしたところ、とてもがっくりなさっていました。

しかし、このカップルの場合、別れると言ったその後も不倫関係を続け、次は失敗しないぞと意気込んだご依頼主様と一緒にしっかりと不倫の証拠をつかむことに成功。

また、既婚であると言うことを知っていたであろうと言うことを指すメールも手に入れることができ、なんとか無事に双方に罰則を与えることができました。

あのまま別れられていたらどうしようもなかったと言う事例です。

 

「証拠を押さえた不倫調査の時、ご依頼主様が暴走なさったことがあります。」を読んで頂きありがとうございます。
名古屋浮気調査相談室

浮気相談はこちら

名古屋浮気調査相談室
加藤なぎさ代表

加藤なぎさ
0120-874-024
052-265-8758

加藤なぎさと申します。
私が、あなたの浮気の悩みをお聞きして解決させます。

お急ぎのあなたへ

緊急直通ダイヤル

090-7313-4341

会社概要

名古屋浮気調査相談室マーク

名古屋浮気調査相談室
(運営元:株式会社 I・WIN)

【無料】24時間年中無休
0120-874-024

代表取締役:加藤なぎさ

愛知県公安委員会探偵業届出
(第) 54110042号

住所

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-7-6 丸の内テラス805

クレジットカード取扱い
VISA
master
paypay

分割払いも可能

地域別サイト紹介

女性探偵ブログ