98%のお客様が問題解決「顧客満足度ナンバー1」の名古屋市の探偵

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-7-6 丸の内テラス805
株式会社I・WIN(名古屋探偵事務所)  愛知県公安委員会届出(第)54110042号
弁護士提携39名・探偵業界25年6万件・安い料金で精度の高い技術とサポート力が特徴

【お問い合わせ・ご相談・お見積り無料】
24時間年中無休

0120-874-024

離婚時に考えなければならない子供の親権

子供がいて離婚する場合、その子どもをどちらが引き取るかを考えなければいけません。

話し合いで平和に決まれば何の問題もないのですが、どちらも子供の親権を欲した場合は裁判になることになるでしょう。

日本の裁判では、子供が幼い場合、ほぼ100%に近い形で母親に親権が行くことになります。
母親が親権争いに負けることは滅多にないようです。

ですので、父親側が親権を取りたいと思うのであれば、子供がある程度大きくなり、子供の意思で親権を決められるようになるまで待つか、話し合いの段階で親権を取るかしかないのです。

よくある手としては、慰謝料や養育費を請求しない代わり、浮気の事実を周囲に伝えない代わりなどの条件を提示して親権を取る方法です。
その他、自分が積極的に育児をし、母親を育児の現場から追い出し、養育実績を作ってしまうケースもあるようですね。

子どもの世話をしっかりする母親ですと、上記の方法以外で親権を取るのは難しいでしょうが、もし、母親が虐待をしている、育児放棄をしているという状況であれば、証拠さえ揃えれば親権を取るのはたやすいでしょう。

子どもの親権を取ろうと思うのであれば、離婚の話をする前に一度、ご相談ください。
男性が親権を取ろうとする場合は慎重に行う必要がありますので、精一杯お手伝いさせていただきます。

 

「離婚時に考えなければならないのは親権」を読んで頂きありがとうございます。

名古屋浮気調査相談室

浮気関係で合わせて読まれている記事

浮気相談はこちら

名古屋浮気調査相談室
加藤なぎさ代表

加藤なぎさ
0120-874-024
052-265-8758

加藤なぎさと申します。
私が、あなたの浮気の悩みをお聞きして解決させます。

お急ぎのあなたへ

緊急直通ダイヤル

090-7313-4341

会社概要

名古屋浮気調査相談室マーク

名古屋浮気調査相談室
(運営元:株式会社 I・WIN)

【無料】24時間年中無休
0120-874-024

代表取締役:加藤なぎさ

愛知県公安委員会探偵業届出
(第) 54110042号

住所

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-7-6 丸の内テラス805

クレジットカード取扱い
VISA
master
paypay

分割払いも可能

地域別サイト紹介

女性探偵ブログ